男性作業員

プロの業でコウモリ駆除を成功させよう|被害を防いで安全な暮らしを

駆除や再度の被害の防止

南京虫

ハクビシンは細身の動物で、小さな穴からでも屋内に侵入し、食べ物をあさったり、排泄したりします。しかし許可なく駆除することができないため、被害に悩む人々は害獣駆除業者にハクビシン駆除を依頼しています。依頼すれば、駆除はもちろん、屋内の清掃や消毒、侵入口を塞ぐ工事などもおこなってもらえます。

詳しく見る

害獣被害に合ったら

コウモリ

ハクビシン被害

ハクビシンは額から鼻筋にかけて白い腺が特徴のジャコウネコ科の動物で、猫とタヌキに似た一見可愛らしい顔をした動物です。日本に生息するジャコウネコ科の哺乳類はハクビシンだけであり、外来種であると考えられています。生息範囲は主に日本を初め台湾、インド、マレーシア、ネパールなどアジア圏内に広く生息しています。ハクビシンは雑食性で果実や小動物を好んで食べます。その為に人気のない果物畑や野菜畑に入り込みナシ、柿、ミカンなどを食べ荒らすことで、深刻な農業被害を受けることも頻繁にあります。また被害は田畑に留まらず民家の屋根裏や空き家、神社やお寺などに棲みつきます。夜行性の為に夜中に動き回り、騒音や糞尿による悪臭などを発生し生活被害を受けることが多くハクビシン駆除が求められています。

自分で駆除してはならない

色々な生活被害をもたらす害獣がいます。その中でも最も大きな被害をもたらすと言われているハクビシンですが、簡単にハクビシン駆除をしてはいけないのです。害獣でありながらもハクビシンは特定外来生物指定を受けておらず、駆除対象の害獣となっていない為に簡単に駆除する事は出来ないのです。もしハクビシン駆除をしたい場合には実際の被害を確かめ、鳥獣保護法に基づく許可を得なければならないのです。その為、ハクビシン駆除に関しては行政の力を借りて駆除をする事が求められます。行政には害獣駆除サービスを行政のサービスの一環として行う場合もあります。また害獣被害が深刻な地域では、駆除専門業者の紹介とそれに伴う補助金や助成金の制度を設けて害獣駆除対策を行っている自治体もあります。また、現在ではハクビシン以外にもコウモリやイタチといったように様々な害獣によって被害に遭っている人も沢山いるのです。そのため、コウモリ駆除やイタチ駆除といったように様々な害獣に対応した業者も沢山あります。専門業者にコウモリ駆除やイタチ駆除を依頼して被害を防ぐようにしましょう。

動物の駆除

ノミ

ハクビシンは、甘い果物類を好む動物です。従って、菜園や畑が周囲にある住居はハクビシンの侵入被害に注意をする必要があります。ハクビシン駆除のサービスを利用するとともに、害獣の住みにくい環境を作ることが完全に駆除を行うための一つの方法です。

詳しく見る