駆除作業員

プロの業でコウモリ駆除を成功させよう|被害を防いで安全な暮らしを

駆除や再度の被害の防止

南京虫

体の特徴や被害

ハクビシンは、胴と尻尾が長く、手足の短い動物です。姿形はイタチとよく似ていますが、サイズがイタチの約2倍となっています。具体的には、イタチは胴が30cmほどで尻尾が15cmほどなのですが、ハクビシンは胴が60cmほどで、尻尾は30cmほどとなっているのです。また、ハクビシンには顔の中央に、縦に白い筋が入っているのですが、これも大きな特徴のひとつと言えます。イタチより大きいものの、細身なので、ハクビシンは小さな穴からでも屋内に侵入します。そして台所などで食べ物をあさったり、天井裏に住みついたりするのです。こういった被害から人々の生活を守るために、害獣駆除業者によるハクビシン駆除がおこなわれています。ハクビシン駆除は、許可がなければおこなえないので、被害にあっている人のほとんどが害獣駆除業者に任せています。

清掃や侵入口を塞ぐ工事

害獣駆除業者によるハクビシン駆除は、単にハクビシンを住宅から追い出すだけではありません。ハクビシンは、屋内にエサとなる虫などの死骸を持ち込んだり、排泄物を落としたりします。そのため屋内は、汚れたり異臭が漂ったりするのですが、害獣駆除業者はそういった部分での処理も、しっかりとおこなってくれるのです。具体的には、死骸や排泄物はしっかりと除去し、その上で殺菌消毒をします。またハクビシン駆除後には、ハクビシンの侵入口を塞ぐ工事もおこなってもらえます。これにより、そこからは再びハクビシンが侵入することがなくなるのです。このように害獣駆除業者に依頼すれば、ハクビシンがいなくなるだけでなく、衛生状態が良くなり、再度の被害も防げるようになります。